what's news ?!  vapor trail
news & information

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2007.06.12 Tuesday  科学的な根拠

昨今は新書ブームなんだそうですが、自分も例に漏れず、気がつくと新書を割と読んでいる気がします。
先日読んで面白かったのが
「水はなんにも知らないよ」左巻 健男 (著) という本で、
「水は答えを知っている―その結晶にこめられたメッセージ 」江本 勝 (著)
に対するアンチテーゼも入っているのですが、インチキ科学にだまされるな!ということで、科学者の見地から水に対しての様々な迷信や、怪しい水ビジネスを検証しています。
科学的な根拠がないものをビシビシと切っていくのですが、薬理的な効果がないものを薬と言って患者に飲ませると効果が出てしまう「プラシーボ効果」のことや、マイナスイオンは実は科学的には全く根拠がない等々、ちょっと驚く大変面白い内容が詰まっています。
ちなみに私の母親が気に入って使っているπウォーターも出てきて、科学的な結論を述べておられます。
筆者は必ずしも必要ではないと書いていますが、いわゆるカルキ臭というのは、本来無味無臭である塩素にアンモニアが混ざったときに発生する臭いである・・という記述を読むと、浄水器はやはり必須だな・・と思ってしまいます(笑)

これを読んだ後に今読んでいるのが、ベストセラーにもなった
「99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方」竹内 薫 (著) です。
これはまた大変面白く、飛行機がなぜ飛ぶのかは実は未だ科学的に解明されていない、という話から始まり、その時代のもつ「常識」という固定観念の強さ、その人の解釈がその人にとっては現実である・・等々、科学そのものがほぼ仮説と経験則によって成り立っている中で、こうである!なんて決めつけられる、可能性を否定できる根拠は、何に対しても誰に対してもあり得ないのかな・・などと思いながら読んでいます。

普遍的なものを欲する時代に、こういった議論は大いに興味が沸き、かつ楽しいものですね。
産業革命以来の大変革だ・・なんて騒ぐものだから、情報を判断する根拠を自分の中にしっかり持ちたい、と思うのは今の時代の普通の欲求ですよね。
しかしながら、そんな時代だからこそ温かい気持ちで生きる人、愛を与え続ける人、そういった人が成功し、そういった事柄を伝えているようにも感じられます。

- . Books



Profile

Category

Archives

admin