what's news ?!  vapor trail
news & information

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2008.07.11 Friday  8コア Mac Pro

明朝、ついにiPhone発売という事で、ソフトバンクの表参道店には現時点で800人の行列ができているそうで。
Appleの祭りは毎度のことながら熱いですけど、Apple Store銀座のオープン時以来の熱狂ですね。
やはりそれに見合う魅力あるケータイですものね。iPhone。

さて、8コアのMac Proを遅ればせながら導入しました。
V-rayがIntelかPowerPCかを選択しなくてはならなかったため、Intel化が少し押し進められた形です。
これに押されて作業用とレンダリング用の全マシンがクアッドコア以上の環境になりました。

8コア Mac Pro付属のMac OS Leopardは、事務所では初Leopardとなったわけですが、
いまのところ発覚した不具合は
・STRATA 4.2(Rosetta使用)で「読み込み」を行うとアプリケーションが落ちる
といったことくらいです。
ちなみにG5でもLeopard化するとSTRATAは同様の不具合が出て、オフィシャルにもTigarまでの対応ということなので、致命的な不具合なんですが、これは諦めるしかなさそうです。。

G5 Quadからの移行だったのですが、しばらく使って分かったことは、劇的に速いということです。
すべての作業において、速いです。
G5や初代Mac Proでは動きが重くてストレスを感じたSTRATA Ver5もサクサク動きます。
Rosetta使用時でもVector WorksやMicrosoft Officeなどは、初代Mac Proで感じたモタつき感が全くなく、快適です。

ここまで違うと思っていなかったので、いっそのこと全マシンを8コアにしてしまったほうが、設備投資は大きいものの、それを上回る生産効率が期待できるのかな・・などと思ったりもしてしまいます。


LeopardでのCinebench結果がまだ少なかったようですので、早速計測してみました。

CINEBENCH R10
****************************************************

Processor : Xeon “Harpertown”
MHz : 2.8
Number of CPUs : 8
Operating System : OS X 32 BIT 10.5.4
Graphics Card : ATI Radeon HD 2600 OpenGL Engine

****************************************************

Rendering (Single CPU): 3239 CB-CPU
Rendering (Multiple CPU): 18963 CB-CPU

Multiprocessor Speedup: 5.85

Shading (OpenGL Standard) : 6012 CB-GFX


****************************************************

旧Mac Pro(ここではXeon dualcore Dual 3Ghz)の結果と比較すると、Single CPUはほぼ同じ、
Multiple CPUでは1.7倍の結果です。
OpenGLはRadeon X1900からプラス800ポイント向上しています。

G5 Quadと比較すると、Multiple CPUでなんと2.7倍、OpenGLはGeForce 6600比で3.5倍!
どうりでSTRATA 5もモタつかないわけです。。

G5 Quadといってもまだ発売から2年半ですから、それほど古いわけではないハズなんですが。。
しかし恐るべきモンスターです。




Profile

Category

Archives

admin